美味しいカニを通販で買うコツ!TOP > カニの知識! > 日本のカニの産地

日本のカニの産地について!

カニは寒い季節が旬ですので、冬の時期には美味しいカニが食べられます。

今回は、日本有数のカニの産地ついて解説してみたいと思いますね。


日本のカニの産地は?

日本で有名なカニの産地と言えば、始めに思い浮かぶのが、北海道でしょう。

しかし、カニと言うのは実は沢山の種類があるのですね。

ですので、それらカニの種類によっても、その産地にも違いがあるんです。

ですが、やはり、国内で一番水揚げ高が多いのは北海道です。

なぜなら、北海道では沢山の種類のカニが採れるからです。

例えば、日本にはサワガニやワタリガニのような淡水に暮らすカニや小型のカニを
食べる習慣もありますが、基本的にカニと言ったら

・ズワイガニ(松葉ガニ)
・毛蟹
・タラバガニ


これらの流通が多いです。

ズワイガニの中にも、ズワイガニより少し品質が劣ると言われている
紅ズワイガニがあります。

知らない人はズワイガニと区別がつかないかもしれません。

この紅ズワイですが、日本海全域・東北地方の太平洋沿岸に生息していて、
富山県が特に有名です。

これに対して、ズワイガニは日本海側でしか採れないようです。

更に、ズワイガニより大きく育つ高足ガニは、東北から九州までの
太平洋側にのみ生息していて、特に駿河湾が有名ですね。

これら全てをまとめてズワイガニとして販売していることもあるようですが、
本当は違うカニになります。

ちなみに、最近では、ズワイガニの中でも山陰で捕れたものを松葉ガニ、
越前・福井で捕れたものを越前ガニと言ったブランドとして扱う傾向が
高まっているようです。

それに対して、毛蟹やタラバガニ・アブラガニ・イバラガニ・花咲ガニなどは
北海道が産地です。

ですが、国内で流通しているタラバガニの多くは、実はロシアで水揚げされた
物が多いようです。

もちろん、どちらのカニに関しても、旬の時期で身が多く詰まっているものは
どれも美味しいでしょう。

今では、ネット通販で気軽に購入できますので、自宅に居ながら、
様々な地方のカニを楽しめることが可能です!