美味しいカニを通販で買うコツ!TOP > カニの知識! > カニは国産と外国産では違うのか?

カニは国産と外国産では違うのか?

カニは食材の中でも人気で高級な物ですが、カニと言っても、国産と外国産が
あります。

では、国産のカニと外国産のカニの違いってなんでしょうか?

少し、調べてみましたので参考にしてみてください。


カニは国産と外国産では違うのか?

今では、日常的にお店やインターネットでカニを購入することが可能です。

どこでもカニを購入することが出来るようになり、カニも国産と外国産の物が
売られるようになっていますね。

それでは、国産の物と外国産の物でどのような違いがあるのでしょうか?

調べてみたのですが、カニの種類により、国産と外国産の違いがあるようです。

例えば、タラバ蟹ですが、これは国産も外国産もさほど違いはないようなのです。

タラバ蟹の場合は、ロシアで獲れても日本国内で水揚げをしているので、
国産と表記されていることがありますが、決してこの表記は違法ではありません。

ところが、ズワイガニはタラバ蟹とは事情が違うようです。

ズワイガニは産地によって、名前が変わっていることをご存知だったでしょうか?

松葉ガニや越前ガニと言う名前は、有名ですが、これは産地の名前が
付けられているだけであって、元々はズワイガニです。

このように、産地の名前が付けられているズワイガニはブランド化されているので、
国産の物と外国産の物では違いが出て来ます。

ブランド化されていますので、国産外国産の違いで、値段も断然、国産の物の方が
高くなっているのです。

値段が高いだけあって、味の方も圧倒的に国産のカニの方が美味しいでしょう。

外国産のズワイガニの場合は、主に冷凍されて流通していたり、
中国で加工されて出荷されているんですね。

また、値段が安いからと言っても、全てが外国産な訳ではありませんよ。

もちろん、安いカニは輸入されている物が多いですが、中には国産で足が
折れてしまい、安い場合もあるので、このように形に拘らないのであれば、
足が折れたり、何本か足が取れていたりする訳ありのカニがお得です。

ちなみに、外国産のカニでも美味しく物は多くありますので、
その辺りの判断はご自身にお任せします。